外国為替証拠金取引初心者の方がマーケットの肝心なところを見つけるにはまず取引を積む事が大事です。特に、あらかじめピンチを感づくようにするためには、負けを積むことも体験のひとつです。ミスをするといっても命取りとなるほど決定的な損をしてはいけない。小さい失敗を幾度か積み重ねることが自分の経験値を高めてくれるはずだ。この考えではとりあえずは少額資金で投資して、そこでいくつか小さなミスをすることをおすすめする。例えとして、100万円だけしか投資に回すお金のない方がよく考えずに全てつぎ込んで注文すると、失敗した時その後取り返せない可能性があります。それならば、一例として1割ずつ分割して売買してそれで買ったり負けたりを積んだ方が、所徐に負けをカバーする方法なども身についていくはずです。まず最初に少額資金で投資することの良い点は、先に記したように、自分の経験値を増やしマイナスをコントロールする技術を学習していく事にありますが、それと合わせて、注文の回数を重ねる事で、偶然を削減する事ができるという長所もあります。仮定として、1度だけの取引で利益を上げられる可能性が5割だとします。ということは、同じ確率でマイナスになるリスクもあります。勝率5割ということは。五分五分の割合で利益が出る事を意味しています。だが、全部の資金を注ぎ込んで1回のみのエントリーをするということは明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。これはたんに賭けと同じです。結局のところ、全てをつぎ込んで1度だけしか勝負しないとこれだけでは大損する比率が大きくなってしまいます。それだけに、投資資金を全部使うのではなく、何度かに分けて、投資機会を積む事がリスクコントロールとなります。ただしいくつかに分けたとしても、すべてに利益を出す事は大切ではありません。はっきり言うと、勝利できないのが現実だ。勝負で重要なのはどのように儲けるかです。勝半5割でも例えば勝率3割でも儲かる時は儲かる。負ける確率が高くても損益がわずかならば3割の勝ちの儲けの大きさだけで相当利益を上げられます。そのために重要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。損が出たら直ちに損切り注文してそれとは逆に勝った場合は可能な限り大きく稼ぐ事が、外国為替証拠金取引ビギナーがFXで勝利するための極意といえる。

Copyright © 2002 www.juansisayspanish.com All Rights Reserved.